スタッフ規約

組織の定義

合同祭実行委員会(以下、当会)は同人誌即売会を中心としたイベントを開催するための任意団体です。

 

スタッフ登録

スタッフ登録を受理されて当会の定めたグループウェア(以下スタッフGW)に参加した時点で、当会の一般スタッフ(以下、スタッフ)となります。スタッフ登録は合同祭および関連イベントの運営方針を理解し賛同した本人の自由意志によります。またスタッフ活動は無料の奉仕活動です。

 

スタッフは以下の規約に従う義務を有します。

 

スタッフの権利

合同祭およびその関連イベントの運営に参画することが出来ます。また主催に直接意見を言う事が出来ます。その他以下の待遇が受けられます。

 

遊撃スタッフについて

基本的にはサークル活動をしているが設営や事前準備でスタッフとして活動している方に「遊撃」としてスタッフ登録をしていただいてる場合があります。即売会中はサークル参加者、それ以外の時はスタッフとしての参加になりますが、権限や待遇は他のスタッフと同等とします。

 

準スタッフ(協力者)について

スタッフ登録をしていないものの、当会、あるいは主催の許可の元にスタッフが要請することによって合同祭またはその関連イベントに協力してくれる方を「協力者」と呼称します。スタッフに準ずる立場としてイベントの運営に参画することが出来ます。

 

意志決定

当会は合同祭実行委員会主催(以下、主催)を最高位の意志決定者とし、補佐として総務責任者を置きます。他のスタッフは役職による権限の違いはありますが、原則として平等の立場です。経験豊富または特殊技能を持つ一部のスタッフを便宜的に幹部スタッフと呼ぶことはありますが、あくまでも単なる呼び方であり、他のスタッフと意志決定において特別な決定権を持つわけではありません。

 

当会はスタッフの自由なアイディア・意見を大切にしますが、組織全体としての最終的な決定は主催が行います。スタッフは主催の最終決定に従う義務を有します。

 

また明確に主催または総務責任者より権限を委譲されている場合は、委譲された担当者(リーダー・チーフ等)が、委譲した権限の範囲内で、当該事柄における最高意志決定者となります。

 

イベント開催中はリーダー・チーフはそれぞれの担当として活動しているスタッフへの指示権を持ちます。また担当スタッフはその指示に従う義務を有します。

 

金銭の決裁権

金銭に関しては額の大小に関わらず決裁権は主催のみにあります。特に主催から権限を委譲された場合を除き、スタッフが独断で金銭に関わる判断をすることを禁止します。また代理で支払を行った場合は必ず領収証を発行してもらって下さい。宛名は「増田学」として下さい。

 

二重登録制

当会では各イベントごとにそのイベントにスタッフとして参加するかどうかをスタッフ自身が選択して登録する二重登録制をとります。具体的にはスタッフGW内で各イベントごとに参加表明を募りますので、そちらで参加意思を表明して下さい。その表明がない場合はそのイベントに関しては正規スタッフとしては扱いません。

 

参加登録応答義務

当会のスタッフは各イベントごとに参加するかどうかを選択し、返答する義務を有します。半年以上返答がない、スタッフGWやskypeにも応答がない場合は、スタッフを継続する意志があるかどうかをお伺いする場合があります。こちらにも応答がない場合はスタッフ登録を解除することがあります。解除処置を受けたがスタッフとして活動する意志がある場合は再度スタッフ登録をお願いします。

 

情報共有

スタッフは情報共有のためスタッフGWに参加する義務があります。主催からの許可が出ている場合を除き、参加していない方はスタッフ資格を有しません。またskypeアカウントの取得とスタッフ会議室への参加を推奨します。

 

守秘義務・自己利益誘導の禁止

スタッフは、当会での職務上・業務上知り得た情報(スタッフGWに投稿された内容や未公表の計画、個人情報)の守秘義務があります。守秘義務は当会を退会した後も終了しません。また合同祭および関連イベントのために用意された物品や知的財産などを、金銭的・非金銭的に関わらず自己の利益のために利用することを禁止します。

 

情報公開・問い合わせに対する返答の権限

スタッフには原則として外部の個人・団体に対して当会の方針や意見を表明する権限はありません。SNSなどでスタッフであることを明記した上で外部に応答すると、それは当会の公式な見解と見なされる事があります。しかし主催から特に許可が出ているスタッフ以外にはその権限はありませんので、公式のメッセージをRTする程度に留め、スタッフとしてなにか意見を表明することは避けて下さい。退会後も「元スタッフ」としてSNS等で発言することは控えて頂くようお願いします。

 

連絡先の確保

スタッフは自らの生活に支障を来さぬ範囲で当会に連絡先・緊急連絡先等を報告しなくてはなりません。住所や電話番号、メールアドレスの変更などありましたら速やかにご連絡下さい。

 

懲罰

当会では真摯にスタッフ活動をした結果、失敗や錯誤により当会に損害を与えることになったとしても、原則として懲罰は行いません。もちろん程度問題ではありますが、最終的には主催が全責任を負うことになります。

 

ただし当会または関係人員の名誉や信用を著しく失墜させるような言動・行動があり今後も運営上支障を来すことを容易に想像される場合、スタッフとして著しい逸脱があり主催からの是正措置に従わない場合、または当会に甚大な損害を与える行動を故意に起こした場合などは除籍処分を行うことがあります。また暴力を振るった、あるいは脅迫的言動があった場合も除籍処分の対象となります(それ以前に刑事罰の対象です)。除籍処分の場合は可能であればそれまでに配付された資料などの返却を求めます。

 

また損害の内容や悪意の程度によっては刑事・民事での対応も検討します。

 

退会

当会を退会する場合は書面にて主催にその意志を示して下さい。特定の書式はありませんが、スタッフ名が特定出来る状況で明確に退会の意思を示して下さい。その後スタッフGWからの退会をもって正式な退会とさせて頂きます。

 

退会に際してそれまでに配布された資料などの返却は必要ありませんが、破棄することを推奨します。

 

また退会後もスタッフとして知り得た情報に関する守秘義務はなくなりません。万が一これを悪用して当会またはスタッフ、一般参加者・サークル参加者などに被害を与えた場合は法的措置をとることもありますのでご留意下さい。

 

 

作成 2018年5月9日